キャンドルアート

What't New

トップ ブログ メイキング ギャラリー スクール プロフィール 参考価格 お問い合わせ
 
キャンドルアーティスト 小泉 純司  /  English Site

メイン | 2005年06月 »

2005年05月31日

第8回 あかりの寺子屋レポート

kirie01.jpg

皆さんこんにちは。先週の土曜日に、第8回「あかりの寺子屋」を開催しました。今回の参加者は7名。お友達同士の参加者や照明塾の講師の方など、今回もいろんな方が集まって下さいました。皆さん参加ありがとうございました!!楽しんでいただけましたか?

kirie02.jpg

今回は「切り絵ぼんぼり」を作成しました。決まった形の和紙の中に思い思いの切絵を貼り付けていきます。出来上がった和紙を形にして、中にカラーフィルムを貼り付けたポリカーボネイトを入れ、和紙に投影させるのですが、部屋を暗くすると幻想的で優しい空間を作り出します。思わずにっこり笑ってしまうキャンドルホルダーの出来上がりです。

kirie03.jpg

子供のころに一度はやった事のある切り絵。どこか懐かしさを感じながら、みんなでおしゃべりをしながら楽しく作業しました。ただ、急に好きなデザインを・・・と言われても中々思い浮かびません。悪戦苦闘をしながら、何度も書き直しながら、だんだん素敵な切り絵が出来上がっていきました。まさに七人七色!それぞれの個性があふれ出し、楽しいぼんぼりが勢ぞろいしました。

kirie04.jpg

和紙やカラーフィルムなど、一見燃えやすいものを使用していますが、実はすべて防炎性や難燃性のある素材を使用しています。今回はデザインに時間をとった為、防炎加工があらかじめ施してあるものを使用しました。皆さんもお試しの際はご注意くださいね。

kirie05.jpg

あかりの寺子屋は、毎月大井町の照明塾にて開催しています。次回はバナナキャンドルホルダーです。
お楽しみに!

投稿者 candle : 13:19

2005年05月12日

つまごいファームイン自然学校 〜嬬恋村安市に参加〜

yasuichi05.JPG

4月29日みどりの日に、群馬県嬬恋村で毎年の行事になっている“安市”につまごいファームイン自然学校クラフト体験教室として参加しました。

yasuichi04.JPG

飲み終わってゴミ箱に捨てられている空ビン(緑・茶・青・透明等)を割って、そのガラス片をイモ洗いの要領で角を取り安全なガラス片にする。そして、ワイングラスやガラスカップにその色々なカラーのガラスの破片をステンドグラス風に接着剤で貼り付け、ステキな手作りキャンドルホルダーが出来上がりました。

yasuichi06.JPG
ステンドグラス貼り付け中!
yasuichi02.jpg
木の枝を利用した かわいい バードコールの出来上がり
yasuichi01.JPG

そして、枝払いした小枝を利用したかわいいバードコールの制作、アーミッシュキルトのミニクッション制作、ファームインスタッフ(シニア)による材料制作、つまごい村の子供たちによるガラス貼り付け作業・バードコール作りで、世代間交流の楽しい共同制作体験コーナーは大変楽しく盛り上がりました。

yasuichi03.jpg

投稿者 candle : 16:47

2005年05月11日

あかりパーティー

akari1.jpg

新緑の美しい中、ペガサスキャンドルのファースト・インプレッションにて、照明塾主催のあかりパーティーが開催されました。あかりパーティーとは、昨年 NHK「生活ほっとモーニング」でも紹介され注目を集めた、手づくりのあかりを囲んでの楽しい交流の場です。
このあかりパーティーでも、ゲストが様々な手づくりの照明を持ち寄りました。わがキャンドルアート事務所では、お月様ランプの周りに折り紙で作ったお星様のキャンドルを散らし、ランプとキャンドルの共演をはたしました。やさしく輝く月のランプの周りに散らしたキャンドルの星たちは、まるで夜空に輝く天の川のように照らしました。

akari3.jpg

ランプの明かりにキャンドルというのは意外な組み合わせのようですが、一緒に並べるとそれぞれの良さを引き立てて、やさしい空間が出来上がりました。
心地よい狭さと心地よい明かりの中、自然と会話が進みました。

akari2.jpg

今回のあかりパーティーは、照明塾の橋田塾長が出筆された「うれしい手づくりの明かり」ろ、「東京・照明塾」の一周年を記念したお祝いのパーティーでした。
橋田塾長や奥様をはじめとして、「うれしい手づくりの明かり」の編集者の方や講師の方々が、出版にまつわる様々なお話をされました。

akari4.jpg

ゲストが持ち寄った“あかり”から様々な会話が生まれ、穏やかな雰囲気の中会が進みました。
キャンドルの明かりに近づけたライトや、キャンドルの揺らぎを作る光彩灯も今回のあかりパーティーで使用され、話題となりました。

投稿者 candle : 10:40

2005年05月10日

愛妻ソング! 〜レコーディング風景〜

at0401.jpg

2005年4月7日の桜蓮灯りパーティーにて、「愛妻歌」のレコーディングが行われました。
前回から嬬恋ファームインのメンバーに加わった、作曲家の冬野竜彦さんが、すばらしいメンバーと共にやって来ました。
今回の桜蓮灯りパーティでは、以前から話が出ていた愛妻家協会のテーマソングである「愛妻歌」のお披露目会と、レコーディングが行われたのです。

aisai2.jpg

愛妻歌のレコーディングメンバーは、作詞を歌手の金ちゃんこと“きんばらしげゆき”さん、作曲・編曲の冬野竜彦さん、ピアニストの加藤智子さん、そしてコーラスで嬬恋ファームインのメンバーが参加しました。
彼らの楽しく優しい歌声はリハーサル時から開場中に響き渡り、本番では歌詞に感動し涙する人もいました。レコーディングでは、金ちゃんの指揮に従いスムーズに進んでいましたが、思わぬハプニングが起こりました。嬬恋村のシゲさんの提案で、歌詞を変更することになったのです!コーラス以外のレコーディングは済んでいたという事だったのですが、素敵な提案にOKが出て、改良案もCDに加えられることになりました。この日にレコーディングされたCDは、なんと7月15日に全国発売予定!!そして、あの愛知万博にてデビューが予定されています。楽しみにしていてくださいね。

aisai6.jpg

あがつまはや(仮)

作曲,編曲:冬野 竜彦 作詞:きんばら しげゆき
1.あれからまたひとつ 移ろい行く季節に   咲き乱れ やがて散る 重ねる儚き日々よ
あんなに焦がれた この季節一人きり   遠い火の面影を淑やかに仕舞い込んで
*あがつまはや 超えていくその旅に   憧れるは 夢の辿り着く場所   (ア〜嬬恋は 夢の辿り着く場所)
2.歩んだ場面に 寄り添う愛しき人   暗闇照らす灯り 月の光にも似た
あがつまはや 時は流れ行くとも   枯れやしない 二人 夢の後先
あがつまはや 超えていくその度に   募る想い はるか東の里へ
あがつまはや 時は流れ行くとも   枯れるこのない 二人 夢の後先
* 繰り返し × 2time (合唱)   (  )内は嬬恋バージョン歌詞


at0406.jpg

愛妻歌は、嬬恋村の伝説“ヤマトタケルノミコト”が亡き妻弟橘姫を偲び、「吾嬬者耶/アガツマハヤ(アズマハヤ)」と嘆き悲しんだという物語をイメージして作詞されました。“ヤマトタケルノミコト”が叫んだ場所が、嬬恋村にある鳥居峠と言われています。
愛妻歌は、もともと「妻といる時間を大切にしたい」という男たちが集まった“愛妻家協会”のテーマソングとして作られました。彼らのコンセプトは、ずばり「妻」を愛すること。仕事や自然を大切にする前に、まず一番身近で一番大事な存在である「妻」を大切にすると、周りにも優しくなれる。そして、しぜんと世界や地球の平和につながると考えています。そんなメンバーは、今密かにいろんな企画をたくらみ中です。乞うご期待!!

at0407.jpg

投稿者 candle : 23:59