キャンドルアート
メイキング(やくしま森祭り)
トップ ブログ メイキング ギャラリー スクール プロフィール 参考価格 お問い合わせ
 
キャンドルアーティスト 小泉 純司  /  English Site

メイキング一覧←前のメイキングに戻る次のメイキングに進む→
0102030405060708091011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162636465

満月の屋久島 世界一美しいライブ 「やくしま森祭り」
写真 やくしま森祭り1
写真 やくしま森祭り2
写真 やくしま森祭り3 PHOTO (C) 菊池淑廣(屋久島メッセンジャー) 写真 やくしま森祭り4 PHOTO (C) 菊池淑廣(屋久島メッセンジャー)


満月の屋久島 世界一美しいライブ 「やくしま森祭り」
2006年10月7日(土)

感無量・・
すごいライブでした・・

屋久島の山の中に拡がったステージは神殿を思わせる半円形の石造り。
ステージバックを屋久島の漁網に屋久杉の枝をコラージュして作り上げた緑の絨毯。
会場入り口から会場に流れる川。
そして綺麗に整備された芝生の客席に1000本のキャンドル。

会場の電気照明は可能な限り落とされ、揺らぐキャンドルの炎だけが屋久島の暗い森の中に浮かび上がります。
漆黒の闇に浮かぶ炎に遠近感を奪われ、オレンジ色の炎とそれに照らされた観客の顔は夜露の舞い降りる屋外であることを忘れさせ、まるで暗く広いロッジに暖かく包まれているような、初めてなのに何か懐かしい気持ちを掻き立てられました。
オレンジ色に浮かぶ顔はみな笑顔で、同じ時間と同じ空間と、そして同じ音楽を共有して輝いていました。
音楽祭に関わったすべての人がその瞬間瞬間に一つになり、鼓動までもシンクロしているように思えました。

今までに幾つもの、無数のライブをこなし、沢山の観客と出会ってきたアーティストたち
Sara de Patti
小柳ゆき
池田綾子

彼女たちの歌はもの凄い・・
やくしま森祭りのステージに立ったとき、彼女たちにも大きな力が舞い降りてきました。

「感情に歌が置いて行かれそうになって涙が出た」
「自分が宙に浮いているように感じた」
「観客と会場が一つの大きなパワーになって降り注いできた」

そこには彼女たちも出会った事のないパワーが一つの大きな塊となって、そこにいた全ての人たちを包み込んでいました。

“島の何処かで必ず雨が降っている”と言われる屋久島
晴れ渡った満月の空は雲もなく、音楽が深まってゆく度に高く高く満月が照らし初めてゆきました。

これは人がしたことです。
自然への畏怖と
音楽への畏怖と
自分たちの心に真っ直ぐに歩き続けて辿り着いた場所です。

臆面もなく言い放ちますが・・
世界で一番美しいライブだったと思います。

アーティストも観客もスタッフも・・

すべての人に感謝を・・

写真 やくしま森祭り5 写真 やくしま森祭り6
写真 やくしま森祭り7 写真 やくしま森祭り8
写真 やくしま森祭り9 写真 やくしま森祭り10

  PAGETOP

メイキング一覧←前のメイキングに戻る次のメイキングに進む→
0102030405060708091011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162636465

 

TOPBLOGMAKING 一覧ENGLISH年表ギャラリーSCHOOL
PROFILEABOUTOFFICELINKPRICECONTACTSITEMAP

小泉純司キャンドルアート事務所
〒140-0003 東京都品川区八潮5-4-17-1102
TEL 03-3790-3659 / FAX 03-3790-6977
E-mail junji@candle-art.jp

当サイトに掲載されている内容(記事、画像など)の無断転載を禁じます。
Copyright © All Rights Reserved